ヤンキー剣舞は通さない

主にポケモンの構築とか

シーズン4反省

ほぼ潜らなかったシーズン3とは違ってシーズン4はしっかり潜ったのに結果は散々でしたが、自分の反省用に簡潔に書いておきます。

 

構築① ライボ軸

臆病CSメガライボルト
10万/ボルチェン/オバヒ/めざ氷

慎重HD毒玉グライオン
地震/ギロチン/羽休め/守る

意地hBdフィラカビゴン
恩返し/地震/鈍い/リサイクル

控えめHC残飯ギルガルド
シャドボ/影撃ち/毒毒/キンシ

臆病HSイアジャローダ
リフスト/蛇睨み/宿り木/身代わり

控えめHCアシZアシレーヌ
アリア/ムンフォ/アクジェ/身代わり

 

ライボで威嚇を撒いてからのグライカビゴンによる受けと崩しと積みが強いと思って組んだ。弱くはなかったがいろんなポケモンに対しての処理が曖昧すぎて強くもなかった。ジャローダに関してはシンヤ様が記事に載せているのでそちらを参照。

【SMシーズン4 使用構築】ハイブリッド カバマンダ 【最高・最終2108 43位】 - 攻撃こそ最大の防御

最終17位だったボスラッシュと優勝したからきおす杯ではこの構築をベースにしたもので挑んでいた。レートでは勝てなかった。

 

 

構築② バシャバトン軸

陽気ASメガバシャーモ
膝/フレドラ/バトン/守る

穏やかHD残飯サンダー
10万/毒毒/身代わり/羽休め

腕白HBゴツメバルジーナ
イカサマ/蜻蛉/挑発/羽休め

控えめHcs水Zカプ・レヒレ
波乗り/ムンフォ/めざ炎/瞑想

陽気AS襷マンムー
地震/氷柱針/氷の礫/ステロ

陽気hadSチョッキドリュウズ
地震/アイヘ/岩石封じ/つのドリル

 

自分なりに流行りのメガバシャバトン構築を組んでみたらこうなった。個人的に地面2体を並べているのがお気に入り。流行っていたバトンからのレヒレは勿論だがサンダーバルジも強かった。ただしステロで死ぬ。構築自体のポテンシャルは高いと思っていたが、やはりバシャバトンはメタられているのを感じ、動きづらかった。少し既存の並びからは外したものの、今までこのようなトップメタに近い構築で戦ってきたことがなく、メタられる側で勝つ力が自分にはあまりにもないと感じた。一応、ラスチャレ砂町でベスト4だった。レートでは勝てなかった。

 

 

どちらの構築も最後は信じられなくなっていたので、最終日は両方とも使って回していましたが結果は最高2000台前半で最終19xx
過去最大級に勝てず、自分の弱さが浮き彫りになったシーズンでした。

上記でも書きましたが自分にトップメタに近い構築を使うことは結果的にも感情的にも向いてないですね。
というわけで来期はこいつと頑張ります。タブンネ

f:id:noburen_poke:20170718211136g:plain

ara kawaii

【S2使用構築】ラティアスカビゴン【最高2179/最終2124】

構築記事ではありませんが、生存報告も兼ねて更新。

シーズン2はこんな感じの並びで潜っていました。

f:id:noburen_poke:20170323123603p:plain

Louisにきしょい並びわらわらと言われながら、そんな並びでも結果残してやるよと2200を目指して奮闘しましたがあと2歩ほど足りず、最高2179最終2124順位63位という結果で終わってしまいました。

前期はチキって保存に走ったので今期は納得するまで潜ろうと思い、最終日は2150くらいをずっとうろうろしていましたが、一番2200に近づいた2179で2200チャレのアダムズさんとマッチングした時、有利な状況を作ったのにも関わらず緊張から焦ったプレイングをしてしまい、そこを上手く突かれてひっくり返されるなど、結果的には自分の弱さが出てしまったシーズンだったのかなと感じました。こういったメンタルの部分でも今後精進していきたいと思います。

結果的に2200には乗せられませんでしたが構築のコンセプト自体には手ごたえがありまだ改良の余地があると感じたこと、4月から新生活が始まりポケモンにかけられる時間がどうなるか全く分からず場合によっては構築を使いまわす可能性があることなどの理由から今回の構築の詳細は伏せさせていただこうと思います。また新しい構築の目途がたった時などにひっそり更新するかもしれません。

今シーズン対戦していただいた方、並びにこの(内容のない)記事を読んでいただいた方、ありがとうございました。

 

7/18 追記

中身を簡潔に載せておきます。

コンセプトは受け回しの詰めと積みによる詰めの両立。

 

臆病HSラティアス@エスパーZ
ショック/瞑想/身代わり/羽休め

意地hBdカビゴン@イアのみ
恩返し/炎パン/鈍い/リサイクル

臆病HSゲンガー@ゲンガナイト
祟り目/ヘド爆/鬼火/挑発

呑気HBドヒドイデ@ゴツゴツメット
熱湯/毒毒/黒い霧/自己再生

陽気HSグライオン@毒毒玉
地震/毒毒/身代わり/守る

生意気Hbdテッカグヤ@食べ残し
ベビボン/火炎放射/宿り木/守る

 

上記にも少し書いたが2179の時に2200チャレのadamsさんにラティカバ対面欠伸に対して身代わりを貼ったのに吹き飛ばし警戒で焦って削りに行こうと瞑想せずにZ技ぶっぱなしちゃったのが原因で負けたのがとても悔やまれる。正直吹き飛ばしあっても瞑想積んで良かった気がするし、ましてやZ技撃つのはさすがに明確な間違いだった。多分この対戦はポケモンやってる限り忘れられない気がする。

今この構築は弱いと思うので参考にはならないと思いますが、一応自分の記録用も兼ねて追記しました。

 

 

 

 

【S1使用構築】ジバコフェローチェ【最高最終2150/23位】

のぶれんと申します。

サンムーン環境になったことに伴い、ブログを移転しました。

S1はTNのぶれん、TNマーシャで潜っていました。当たった方は対戦ありがとうございました。

S2以降はバンク解禁によりもう今の構築は使う予定はないのでS1で使用していた構築を公開します。

 

f:id:noburen_poke:20170117063152p:plain

 

サンムーンでもとんぼるちぇんを使用したサイクル構築を作りたいと思い、まず現環境で非常に優秀な耐性を持ちつつボルチェンでサイクルを回すことが出来るジバコイルに注目。しかし、現環境ではZ技や火力アップアイテムを持ったカプ系やガブリアスなどのポケモンに対して受けに回っているだけでは簡単にこちらが崩されてしまいかねないので、サイクルの中で上から殴る要員として、これらのポケモンに上から有効打を持ち、かつ蜻蛉返りでサイクルを回すことが出来るフェローチェにも注目した。この2体を軸として構築を組んでいった。

最終的にメガ枠が消えたりタイプが被りまくったりして意☆味☆不☆明な構築になってしまっていたが本人は至って大真面目である。

 

 

【個別紹介】

 

f:id:noburen_poke:20170117064905g:plain

フェローチェ@気合の襷

性格:やんちゃ

特性:ビーストブースト

実数値:147(4)-207(252)-57-157-51-203(252)

技:飛び膝蹴り/蜻蛉返り/毒突き/冷凍ビーム

 

構築の軸その1。

耐久は無いも同然だがカプ系やガブリアスなど現環境で受けに回りたくないポケモンに上から打点が取れるのが強み。特にコケコの上を取れるのが偉すぎる。また、有利対面からの蜻蛉返りは一致技ということもあり非常に強力だった。基本刺さっている構築には初手に出して蜻蛉返りを撃ち試合を作っていくことを意識した。こいつの基本技は蜻蛉返り。膝はなるべく撃つ必要の無い場面では押さないようにしていたが、交代を考えると撃たないといけない場面ではチキってはいけない。しかしバシャーモ以上に膝を割ったら悲惨なことになるので非常に怖かった・・・。

終盤のガルガブ環境には正直ぶっ刺さりだったので増えなかった理由が分からないポケモンの一体。持ち物は不意のスカーフ持ちにも怯えずに済む襷以外あり得ないと思う。

 

f:id:noburen_poke:20170117064935g:plain

ジバコイル@突撃チョッキ

性格:控えめ

特性:磁力

実数値:167(172)-x-135-198(236)-110-93(100)

技:10万ボルト/ラスターカノン/ボルトチェンジ/めざめるパワー地面

 

構築の軸その2。

現環境に蔓延しているカプ系に強い非常に優秀な耐性を持ち、特殊を受けつつ火力を押し付けながらサイクルを回していけるポケモン。ついでに特性の磁力により環境に多かったテッカグヤを逃さず狩れる・・・はずだったのだがそもそも最終的な構築がテッカグヤに不利を取るポケモンが少なくなり、あまりテッカグヤが出てこなかった上、ジバコを狩る最速地震カグヤがそこそこ流行っていたようなので、最終的にはジバコでテッカグヤを見る立ち回りは極力避けていた。そのため特性をアナライズに変えたかったが、めざパを含めて厳選し直すのがあまりにも面倒だったのでそのまま使っていた。めざ地はミラーや電気やガラガラなど撃ちたいポケモンが多く、一番優先度が高いめざパだったと思う。

調整はお友達のワジャイナが使っていたジバコのSラインより落としたくなくて、しかしこれ以上振ると耐久が怪くなるため結局本人のものをそのままパクった。ここまでSに振れば大体ミラーや最速以外のテッカグヤの上を取れる。

 

f:id:noburen_poke:20170117064919g:plain

ミミッキュ@レッドカード

性格:意地っ張り

特性:化けの皮

実数値:131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)

技:シャドークロー/じゃれつく/影撃ち/剣の舞

 

元のこの枠はメガゲンガーだったが、サイクル内での高速アタッカーとしてフェローチェの方が優秀であまり選出する機会がなかったため、重かったポリゴンZやバトン構築に対するメタとなる、お友達のLouisから案を貰ったこのレッドカードを持ったミミッキュを代わりに採用した。

あくまでも一部の構築に対するメタ枠なのであまり選出率は高くなかったが、それらの構築に選出した時はeasygoingすることが出来たし、選出誘導役としても一躍買っていた。技構成や調整は一考の余地あり。

詳しくはこちらから

レッドカードミミッキュ - Mémoires de Louis

 

f:id:noburen_poke:20170117064856g:plain

テッカグヤ@イアの実

性格:呑気

特性:ビーストブースト

実数値:200(220)-121-165(212)-127-131(76)-72

技:ヘビーボンバー/火炎放射/宿り木の種/守る

 

現環境で優秀なタイプによって高めの汎用性を持つ物理受け枠として採用。特殊も少しは受けられる。

このタイプのカグヤはヘビーボンバー、宿り木、守るはほぼ確定だと思っており、ラストは地震か火炎放射との選択になるが、火炎放射の方がミラーやハッサムパルシェンなどの打点になり、撃ちたい相手が多いと思ったため火炎放射の方を採用した。

初めはテンプレの持ち物である残飯を持たせていたが、パルシェンが滅茶苦茶環境に多かったため、多少削られた後でもパルシェンを相手できるようになるイアの実も良いと思い、終盤に持ち物を変更した。それに伴いHが4nで意地ミミッキュの1舞Zシャドクロでイアの実が発動するように調整を変えた。ガルーラ相手などにも発動させやすく、何より持ち物がすぐにバレない点が非常に優秀でこの変更は正解だったと思う。

優秀なタイプで万能受けだと思われがちのポケモンだが、実際数値がそこまで高いわけではなく、回復ソースも宿り木のみで高速回復技を所持していないことから、何でもかんでも投げると簡単に過労死してしまうので、しっかり役割を決めて投げる、もしくは役割を分散させることがこのポケモンを使うにあたって重要だと感じた。

よくガルーラの雪崩で怯んでイア込みで体力満タンの状態から一度も動けず突破された。ついでにカグヤミラーの放射でもよく焼けた。

 

f:id:noburen_poke:20170117064912g:plain

クワガノン@オボンの実

性格:図太い

特性:浮遊

実数値:184(252)-x-156(252)-165-96(4)-63

技:10万ボルト/鉄壁/羽休め/†ハサミギロチン†

 

元は物理受けの2枠目としてバルジーナだったが、構築全体でルカリオが非常に重かったため、バルジーナが担っていたギャラドス受けとそれに加えてルカリオ受けが出来、かつあまり隙を見せたくなかったコケコやガルドともある程度撃ち合える神ぽけいもんはいないか考えていたところに思いついたポケモン

数値は心もとないが、優秀な耐性で序盤はサイクルを回しつつ後半には鉄壁を積んで詰め筋に使うことが出来る。似たような型に毒羽クワガノンが一定数いたようだが、ハサミギロチンの方がワンチャンを取れる上、被弾の急所の試行回数の意味でもこちらの良いと思う。鋼に通る点も偉い。

調整は一考の余地あり・・・だが、優秀な炎タイプが増えるS2以降も活躍出来るかはかなり怪しい。

 

f:id:noburen_poke:20170117064941g:plain

ドサイドン@イワZ

性格:意地っ張り

特性:ハードロック

実数値:191(4)-198(156)-151(4)-x-95(156)-84(188)

技:地震/ロックブラスト/岩石砲/剣の舞

 

この構築の唯一のZ枠。この構築で一貫がヤバすぎる炎タイプを相手することが出来、なおかつ様々なポケモンとの撃ち合いを制することが出来る高い汎用性を持ったポケモンとして採用した。

Z岩石砲の一貫性と火力がとにかく凄まじく、有利対面を作ることができればほぼ一体持っていける。ついでに剣舞も搭載することでサイクル崩しの役割も持つことが出来る。剣舞後のZ岩石砲がメガヤドランも乱数1発になることからその火力と崩し性能がいかに強力か伺えるだろう。こいつがあまりにも最強すぎて、炎が一貫しまくっているにも関わらずこの構築を保つことが出来たと言っても過言ではない。こいつもなぜ増えなかったのか分からないポケモン。個人的にガブよりも数段評価は高い。

調整はお友達のみゃすから貰った。役割対象のポリゴン2ギルガルドなどの60族や遅いカグヤを抜けるSラインで最低限の特殊耐久と崩しに必要な高火力を兼ね備えている。Bは振らなくても充分な硬さを持っている。

電気無効枠でもあるが、今の電気タイプは草技を搭載しているケースが非常に多いのであまり電気に対しては気軽に投げない方が良い。

 

 

【基本選出】

フェローチェ+ジバコイル+@1

軸だけあってこの選出が一番多かった。何度も言っているが、後手に回ると不意のZ技であっさり崩されてしまうような環境なので、唯一の上から殴りに行けるポケモンであるフェローチェはなるべく選出するようにしていた。

 

 

【結果】 

今期は上記に書いた通りTNのぶれんロムとTNマーシャロムで潜っていて、最終日に2ロム2100超えの状態からチキンレースを開始しましたが、TNのぶれんロムがレート差マッチでの連敗で気付いたら私の髪と共にレートがお亡くなりになっており、禿げ上がったチキンになってしまったのでTNマーシャロムをレート2150のまま保存しました。2200を目指すには実力も勇気も足りていませんでした。

今期は2100いければいいやという甘い考え方をしていたので、2150で保存したことに後悔はしていませんが、来期からは同じ状況になった時も育毛剤をしっかり準備しハゲにもチキンにもならずに潜りたいと思います・。・

 

追記

最終順位23位でした・。・

f:id:noburen_poke:20170118075755j:plain

 

 

 

 

最後に一言・・・

 

マッチングシステム見直せマスダァ!!!

 

 

 

 

【おまけ:重いポケモン

1位 シャンデラ  

ミミッキュ以外誰も勝てない上にそのミミッキュが特定のポケモンにメタを貼った型なので選出画面にいた時点で勝ちを諦める。対策のためにDに割いたマンダをぶち込もうかとも思っていたが結局数が少なかったので対策を切った。害悪型はドサイで勝てるのでむしろ優しさを感じる。

 

2位 ランターン

身代わり持ちが即降参レベルで滅茶苦茶キツイ。それ以外の型でもかなり重たいが、元のスペックがあまり高くないので頑張ればなんとかなる。

 

3位 デンジュモク

催眠型、スカーフ型、襷型など型が多く、型によって出したいポケモンが変わるため型を読み間違えると非常に苦しい戦いを強いられる。ていうかこいつをサイクル構築で完璧に対策する方法あるのか・・・?

 

 

欠陥構築やんけ。

 

 

【おまけ2:ルカリオを使わなかった理由】

私は六世代でルカリオをずーーっと愛用してきましたが今シーズンでは使いませんでした。不思議がっていた方もいたのでその理由を上げたいと思います。

 

1,新環境でルカリオに縛られることなく構築を組みたかったため。

2,今作のインファイトのHPの減りが遅くてストレスが溜まる。

3,膝はルカリオに相応しいと思えない。

4,気合玉が当たらない。

5,波導弾が弱い。

6,テテフ4ね。

 

特に2は前作ではむしろ快感を覚えるレベルのスピードだったので不満度が高いです。

 

 

 

 

しかしそんなことより

 

マッチングシステム見直せマスダァ!!!